pagetop

中学受験の本質を知れば基礎の大切さが理解できる

中学受験で成功すれば、同地域の他校よりも質の高い教育を受けられるようになると考えられます。
それは将来の子どもの生きやすさに影響を与えることにもつながるので、中学受験には必死に取り組む家庭が増え続けている傾向にあります。

そんな中、中学受験の過去問題ばかりに取り組んでいると、合格したあとで苦労することが多いです。
中学受験の本質を知っていれば、間違っても過去問題を解くことがメインの勉強方法にはならないと言えます。

入学してから毎日の授業を理解できるだけの学力が備わっているのかを確かめることが、学校側が中学受験を子どもに受けさせる目的です。
誰でも無試験で入学できる中学校であれば、テストの順位が低い生徒に合わせた授業が行われます。

その一方、中学受験に合格してようやく入学することを許される学校では、成績が悪い生徒のレベルに合わせて授業が行われることはありません。
より高いレベルの高校に進学させるために、教師陣は必死になっているからです。

どんなに難しい授業内容でも、各教科の基礎を習得できていれば理解することに苦労しない傾向にあります。そのため、中学受験では基礎を徹底的に身に付けるような勉強方法を実践することが肝心です。

新着情報

【2017年01月19日】 ホームページを更新しました

ページの先頭へ戻る