行き届いたサービスを受けられるハイヤー

ハイヤーは、それぞれのお客様の状況に応じてキメ細かいサービスと高級な車両を提供してくれる個別輸送機関です。タクシーも迎車という形式のサービスを行っていますが、迎車という言葉の意味が示す通り自分が今居るところに呼ぶことのみが目的になります。

ハイヤーを利用するためには予約を入れる必要があり、格式を重んじる状況で活用されることが多くなっています。よく利用される例としては、役員の移動手段としてや官公庁に訪問するとき、VIPを送迎するときなどが挙げられます。この他にも法事のときに移動する手段として利用したり、接待ゴルフのときなどに利用されたりすることもあります。中でも一部の大企業や官公庁では前もって配車情報を確認した上で、指名されて社判をもらったドライバーのハイヤーでないと入ることが出来ない場合もあります。

ちなみにタクシーは乗車したタイミングでメーターがスタートし距離と時間を一緒に計測して料金を割り出します。そのため、長時間に亘って離れた場所に行くのに従って料金が高くなっていきます。ところがハイヤーは時間単位で貸切となるためメーターは取り付けられていません。予約するときに料金を確認して、契約する形になります。もともとハイヤーという言葉には雇用と言う意味合いがあり、お客様はその時間帯に運転手と車を雇ったということになる訳です。タクシーは乗車してから降りるまでの料金がかかりますが、ハイヤーは車庫から車が出てから車庫に戻ってくるまでの料金となるため必然的に高めになります。

またタクシーは、お客様自身でドアを開けて乗ったり降りたりして、状況によってはトランクに荷物を入れたり出したりするのも自分自身で行わなければならないことがあります。その点、ハイヤーは運転手がお客様の為にドアを開けたり閉めたりしてくれます。そして、ハイヤーのサービスを提供している企業によっては英会話ができる運転手が数多く在籍していて、日本で観光を楽しみたい外国のお客様のニーズに対応しているところもあります。

契約内容によっては乗務員と車両を固定させて社有車のような感覚で使うことも可能なため、忙しい役員の走行するオフィスとしての役割りを果たすこともあります。中には割引のサービスが適用されることもあり、タクシーよりも場合によっては安くなるというケースも考えられます。このように、必ずしもハイヤーは富裕層の方だけが利用するものではなく、身近なサービスとして利用者が増えています。